高知高専は平成25年4月に創立50周年を迎え、以下の記念事業を実施することができました。  皆様には多くのご参加、ご賛同をいただき誠にありがとうございました。

 なお、募金事業につきましては、「高知高専教育研究・国際交流基金」として事業を継続しており、第II期の募金を継続して受付ております。何卒、ご理解とご賛同をいただき、ご協力をお願い申し上げます。
創立50周年記念募金事業(PDF)

 

高知高専イメージキャラクター作成

 本校が平成25年度に創立50周年を迎えるにあたり,記念事業の一環としてイメージキャラクターのデザインを,広く一般から募集して集まった39作品について,実行委員会にて厳正に審査を行い,入賞作品(最優秀賞,優秀賞,学校長賞)3点を決定し1月22日(火)に本校において表彰式を挙行しました。
入賞者は次のとおりです。

 ■ 最優秀賞(採用作品)
    愛称「こうちやん」 作者:松尾 久美子 さん(高知県吾川郡いの町)

 ■ 優 秀 賞
    愛称「テクラン」 作者:芝岡 優衣 さん(本校1年生)

 ■ 学校長賞
    愛称「ココラン」 作者:天野 留美 さん(高知県安芸郡奈半利町)

 表彰式では,入賞作品を発表し船橋校長から一人ひとりに賞状及び副賞の目録が贈られました。校長講評として,船橋校長から応募いただいた多くの皆様への感謝の言葉があり,入賞作品の一つひとつに選考理由が述べられ,今後本校のさらなる発展のため末永く使わせていただきたいと入賞者に感謝の言葉が述べられました。記念撮影をした後,最優秀賞を受賞した松尾さんからは「今後“こうちやん”の着ぐるみも作製して,高知高専の一員としてかわいがってほしい」との感想をいただき,和やかな雰囲気で終了しました。


最優秀賞を受賞した 松尾さん

 

創立50周年記念植樹祭

 高知高専では11月9日、創立50周年『記念植樹祭』を実施しました。当日は天候にも恵まれ、船橋校長はじめ、株式会社フタガミ 竹崎取締役社長、松井後援会長、久保校友会長、勇副校長、学生会長により“ソメイヨシノ”3本の植樹を行いました。

 桜苗木は「高知県の玄関口の緑“花”を積極的に推進することで、高知高専から花や緑を増やし、地域住民の生活に潤いや活力を与えるガーデン街になってほしい」という願いがこめられ、株式会社フタガミ様より50本贈呈されたもので、開校当時に植えられた50本の桜の仲間入りとなりました。

 

 

創立50周年企画ホームカミングデイ

 

創立50周年記念式典・記念講演会・学生企画イベント・ 記念祝賀会

 11月15日(金)高知市内の会場において、創立50周年記念講演会、記念式典及び記念祝賀会を挙行しました。  記念講演会においては、(独)宇宙航空研究開発機構 シニアフェロー、宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系教授の川口淳一郎氏から『「はやぶさ」ミッション成功の秘訣』と題した講演がありました。

 記念式典では、校長式辞の後、下村博文文部科学大臣(代読:牛尾則文高等教育局専門教育課長)、小畑秀文高専機構理事長(代読:上月正博理事)、尾﨑正直高知県知事(代読:岡﨑順子高知県文化生活部長)、橋詰壽人南国市長(代読:藤村昭男南国市副市長)から祝辞を賜りました。

 記念式典に引き続き学生企画イベントが行われ、吹奏楽部による演奏及び学生会よさこい踊り子隊による演舞が行われました。

 記念祝賀会では、校長挨拶の後、山本吾一高知県工業会会長、久保英明校友会会長が祝辞を述べた。その後、鏡開きが行われ、松井伸一後援会会長の乾杯発声に続き、盛大な宴が催されました。  記念式典等には、全学生を含む総勢1,200名あまりの参加を得て、同校のさらなる発展に向け、成功裡に終了しました。


記念式典で式辞を述べる船橋校長


川口淳一郎氏による記念講演会


来賓による鏡開き

 

創立50周年記念誌「寒蘭の校章に」刊行 

創立50周年記念誌「寒蘭(らん)の校章(しるし)に」を刊行しました。PDF版(約43MB)