第6回ものづくり日本大賞(内閣総理大臣賞)の受賞について

2年おきに行われております国の「ものづくり日本大賞」青少年部門「大学・高等専門学校・専門学校クラス」において、高知高専のチームが、「内閣総理大臣賞」を11月9日(月)に首相官邸において受賞しました。

kinensatsuei.jpg

この内閣総理大臣賞は、高専においては、過去2年間のロボコン・プロコン・デザコンの3つの大きな大会の最優秀賞(文部科学大臣賞)を受賞した中から推薦されるもので、大学・高等専門学校・専門学校クラスから、今回、高知高専の1件が選定されました。

受賞名: 第6回ものづくり日本大賞・内閣総理大臣賞
    「青少年部門(大学・高等専門学校・専門学校クラス)」
受賞者: 高知工業高等専門学校(昨年度、電気情報工学科5年)
     佐々木 渉(ささき わたる)現在:高知高専・専攻科 機械・電気工学専攻1年
     島内 良章(しまのうち よしあき)現在:高知高専・専攻科 機械・電気工学専攻1年
     南 光成(みなみ こうせい)現在:会社勤務
     森國 健吾(もりくに けんご)現在:会社勤務
指導教員: 電気情報工学科 教授 今井 一雅

内容:
全国高等専門学校第25回プログラミングコンテスト 一関大会(2014)
平成26年10月18日(土),19日(日)一関文化センター(岩手県一関市)
テーマ 「とどけよう、イーハトーヴの風~僕らが創る希望郷~」
課題部門 文部科学大臣賞/最優秀賞
課題名 「つながっタワー —津波避難タワー間を結ぶ安心防災システム—」
本作品は、課題部門の「防災・減災対策と復興支援」の課題に対して、津波避難タワーに避難してきた人が、携帯情報端末で確実に安否情報の通信が可能となる全国で普及可能な新しい防災システムの開発を行ったものです。津波避難タワーでの安否確認の実証実験のために、スマートフォンアプリ「つながっタワー」が開発され、本システムの実用性が極めて高く完成度が高いことが評価されました。

shoujyou.jpg
表彰式(安倍内閣総理大臣より表彰状が授与されました)

fukudaijinto.jpg
義家文部科学副大臣と記念撮影

setsumei.jpg
義家文部科学副大臣への受賞作品の説明

【関連記事のリンク】
首相官邸ホームページ ものづくり日本大賞表彰式及び祝賀会
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201511/09monodukuri.html
政府インターネットテレビ ものづくり日本大賞表彰式及び祝賀会-平成27年11月9日
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12674.html
文部科学省ホームページ 第6回「ものづくり日本大賞」(内閣総理大臣賞)受賞者の決定について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/10/1363375.htm
総務省ホームページ 津波避難タワー間を結ぶ安心防災システム「つながっタワー」の開発
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/ict-jirei/chuumoku22.html

  2015/11/17   広報戦略室