IoT工房_test

IoT_top.gif

 IoT工房は、IoTに係る技術を使って、様々な問題解決に取り組みむための拠点として設立しました。

 学外の方の利用も可能で、学生の研究・実習の場としてはもちろん、地域の方々との課題解決への取り組みを通じての相互コミュニケーションの場ともなるべく、運営をして行きます。

【開館時間】 8:30~17:00
※設備類の使用は、閉館の15分前までとする。
【利用申請】
  • 学内で利用する場合は、事前に担当教員がWeb入力により予約する。
     ※学生のみでの使用は禁止。必ず担当教員に連絡をする
  • 学外の方が利用を希望される場合は、こちらを参照ください。
【主要機材】
工作機材

image004.jpg

3Dプリンター
MUTOH MF-2200D

image001.jpg

3Dプリンター
XYZ ダヴィンチMini w

image002.jpg

基板加工機
オリジナルマインド CIP100

image003.jpg

レーザ加工機
smartDIYs FABOOL Laser Mini 3.5Wレーザー

IoT電子回路試作

image005.jpg

Raspberry Pi

image006.jpg

Arduino

image007.jpg

デスクトップPC
DELL製 Opti Plex3050
搭載ソフトウェア
Lab VIEW
Adobe Creative Cloud

image008.jpg

ノートPC
Lenovo製 V310

電子回路学習・試作

image010.jpg

エンジニアリング実験ワークステーション
日本ナショナルインスツルメンツ製

NI ELVIS Ⅱ+ハードウェア

image009.jpg

Machatronic Sensors Board
日本ナショナルインスツルメンツ製 NI ELVIS用

image012.jpg

Machatronic Interfacing Board
日本ナショナルインスツルメンツ製

image011.jpg

myRIO 学生向け組込デバイス
myRIO-1900 WI-FI SPコネクタ付

基本電子計測器材

image013.jpg

DC電源
Gw INSTEKI GPS-18300

image014.jpg

オシロスコープ
KEYSIGHT DSOX1102G

image015.jpg

ロジックアナライザー
LAP-321000U-A

 
【利用上の注意】 入室
  • 備え付けの「入室ノート」に、必要事項を全て記入する。
設備使用
  • 設備を使用する場合は、設備毎の「利用ノート」に必要事項を全て記入する。
  • 原材料等を持ち込む場合は、担当教員への事前申請・許可が必要です。
退室
  • 使用した設備を元の状態に戻す。
  • 使用した器具類を元の位置へ戻す。
  • 使用時に発生したごみ類は必ず持ち帰る。
  • 「入室ノート」に、退出時刻を記入する。
禁止事項
  • 工房内の物品の持ち出しは禁止とする。
  • 工房内での飲食、喫煙は禁止とする。
  • 学生、学外者の単独での使用は禁止とする。

 

*IoT工房の施設および下記機器使用に関しては利用料金が発生します。
 利用料金の必要な施設設備
 1)    IoT工房(照明等施設電気料、空調電気料)
 2)    工作機材(機材利用料、消耗品料)
  ①    3Dプリンター(MUTOH MF-2200D)
  ②    3Dプリンター(XYZダヴィンチMINI W)
  ③    基盤加工機(オリジナルマインドCIP100)
  ④    レーザー加工機(smartDIYs FABOOL Laser Mini3.5Wレーザー)
 (H30年度は試用期間とし利用料金を徴収しません。)

  利用細則 利用申請書