第2回高知高専うなづくプレゼンを開催しました

 11/4(土)の星瞬祭において、高知高専うなづくプレゼンが開催されました。学生ならではの発想と高専で学ぶ各専門(工学分野)を合わせることにより、高知県が抱える問題を解決するアイデアを発表するコンテストで、今回で第2回目となります。

 今年のテーマは「コウチ×コウガク」、「高知」から連想できる、より広範な問題を学生自らが見つけ出し、「工学」という枠組の中でどのように解決できるかをテーマとしており、事前の学内予選を通過した5チームがプレゼンテーションを行いました。

 昨年度よりも多くの方々にお越しいただき、各審査員からもハイレベルの発表だったという評価をいただきました。参加した学生たちは、質疑応答などでの審査員の方々とのやりとりを通して、発表をブラッシュアップさせ、次につなげるヒントを得たようでした。

 

 審査結果は、次のとおりです。

うなプレ.png

  2017/11/17   修学支援係