高知家地方創生アイデアコンテスト2017で大賞・敢闘賞を受賞しました!

 平成29年11月12日(日)に県庁正庁ホールにて開催された「高知家地方創生アイデアコンテスト2017」において、本校2年生のチームが「高知家地方創生大賞」を受賞し、1年生のチームも「敢闘賞」を受賞しました。

 県が主催する同コンテストは、高知県内の現状や課題について、地域経済分析システム(RESAS)を活用して分析し、解決策となるようなアイデアを発表するものです。

 昨年度の「高知県の廃棄しょうがを利用した紙づくり「しょうがペーパー」」(優秀賞)、「県産スギ・ヒノキを活かしたCLT工法」(敢闘賞)に続き、本校より2年連続での入賞となりました。

 成果の進展や実現化を含めた今後の展開が期待されます。

 

「高知家地方創生大賞」 カミツレ 「べじふるパウダーが高知を変える!?」

  ・馬越友佳さん、椎葉香野子さん、水野集偉さん、矢野由香里さん (ソーシャルデザイン工学科2年)

   地方創生アイデアコンテスト①.png    地方創生アイデアコンテスト②.png

 

「敢闘賞」 PLAYer 「県花の有効活用方法」

 ・野並玲奈さん、清水杏蓮さん、下元陽菜さん、松本晃輝さん (ソーシャルデザイン工学科1年)

   地方創生アイデアコンテスト③.png    地方創生アイデアコンテスト④.jpg

  2017/11/21   修学支援係