新型コロナウイルス感染症への警戒について(重要)-デルタ株の猛威に最大級の警戒を!-

令和3年8月20日

学生・保護者の皆様へ

高知工業高等専門学校長  井 瀬   潔

新型コロナウイルス感染症への警戒について(重要)
-デルタ株の猛威に最大級の警戒を!-

 

 県内の新型コロナウイルス感染症の新規感染者は、7月連休やお盆休みにおける県外との往来や接触の増加を背景に急増しており、直近3日間の感染者は18日:64人、19日:80人、本日20日:78人となり、昨日19日は過去最高の数字を更新する深刻な状況となっています。
 このような状況を受け、昨日、高知県は感染症対応のステージを5段階で最も高い、「非常事態(紫)」(8月20日から9月3日の間)に引き上げました。

 特に中央部の高知市、南国市、香南市の3市では感染が急拡大しており、これらの市では既に新型コロナウイルスの市中まん延が相当程度進んでいると考えられることから、外出機会を減らし、人との接触を最小限に留める行動が求められています。
 また、現在のところ「非常事態(紫)」の対象地域は3市ですが、ここ数日の感染拡大局面が続くと県全体に対象範囲が拡がる恐れがあり、改めて個々人においてウィルス感染への警戒意識を一段と高め、下記の点に注意し、慎重な行動をとるよう心掛けてください。

 なお、本校では学生・保護者の皆さまに「新型コロナウイルス感染症に関する対応について(第三十三報)」を発出しておりますので、併せてご確認ください。

 

◆高知市、南国市、香南市に居住している学生の皆さんへ(県からの要請)
1.外出について
・昼夜を問わず不要不急の外出を自粛してください。
2.会食について
・同居家族以外との会食を控えてください。

◆学生全員に向けて
1.日常生活における基本的な感染防止策の励行
・基本的な感染症対策(マスクの着用、手指の消毒、密閉・密集・密接の3密回避など)を徹底してください。
・密接・密集が発生する場所への外出を控えてください。買い物などは少人数・すいている時間に外出するなど工夫して行動してください。
・外出先での食事の際には「飲食中以外のマスク着用」「手指消毒の徹底」を励行してください。

2.普段会わない人や大人数・長時間での飲食は控えめに
 この時期には普段会わない人や大人数・長時間での飲食は控えてください。
 家族と外食する場合には、自治体が認証した飲食店などを選び、適切な感染防止対策(消毒液の配置、店員のマスク着用、店内の換気、3密を避ける対策など)が講じられていない店舗や施設への出入りは控えてください。
 また、自宅等で同居家族以外での大人数の食事会などは慎んでください。

3. 新型コロナワクチン接種について
 本校では、高知大学の協力のもと、本科4年生・5年生・専攻科生の中で接種希望者を対象とした「職域接種」を1回目:10月8日(金)・2回目11月5日(金)[両日とも午後]に高知大学医学部において実施します。
 また、市町村では若い世代へのワクチン接種手続が進んでおり、本科1年生~5年生、専攻科生の皆さんの元にも接種券が届いていることと思います。
 もし、高知大学医学部で実施の「職域接種」を希望されている方の中で、夏休み期間中に、南国市や帰省先、居住先での「市町村接種券による接種」を希望される場合は、南国市や帰省先、居住先での接種を優先しても構いません。

 高知県知事からは若い世代に向けて、新型コロナワクチンの積極的な接種についてのメッセージが多く発信されています。

 

○高知県知事からのメッセージ(2021.8.19)
 今月に入ってからの感染の急拡大の特色は、新規感染者の9割が、50代以下のワクチン接種が進んでいない比較的若い方々で占められています。
 このデータを見ても、ワクチン接種が済んでいない方は、高い感染リスクにさらされていると言っても過言でないと考えています。
 そのため、2回のワクチン接種がまだ完了していない方々は、普段一緒に過ごしていない方々との会食や旅行などにより接触することが高い感染リスクとなりますので、こうした接触を極力控えていただくようお願いします。
 現在は、かつて経験したことのない感染の急拡大を迎えています。しかし、この感染急拡大に歯止めをかけていくための切り札は、ワクチンの接種を進めていくことになると考えています。

 

○新型コロナワクチンの積極的な接種について(高知県知事からのメッセージ)

 

○新型コロナウイルス感染症(ワクチン接種等)の正しい理解のために
【国民の皆様へ日本医師会からのメッセージ 】
 

  2021/08/20   修学支援係