■ 寮務スタッフ

 切正寮は、各学科より選出された教員(寮務主事、寮務主事補佐、寮務委員)と学生課生活支援係による教職員スタッフ、そして寮生の中から選ばれた学生スタッフ(指導生、寮生役員)によって運営されています。ここでは、切正寮の運営スタッフとその役割について簡単に紹介します。

 本校には、教務主事室・学生主事室・寮務主事室という、学校運営の根幹となる組織があります。その中で、学寮運営を司る組織が寮務主事室になります。寮務主事室スタッフは主事および補佐から構成されています。
 寮務主事は、学寮運営に係る総責任者であり、切正寮という大家族の父親的存在です。そして寮務主事補佐は、学寮運営を円滑に行うため、寮務主事を補佐し ます。主事・主事補佐は、寮生活を送る上で寮生および保護者の皆さんと最も近い距離にある教員と言えるでしょう。

 学寮内の規則やイベント、設備の導入、寮生の問題行動に係る処分など、学寮運営における様々な事項を慎重かつ熱心に審議し、決定する組織が寮務委員会です。寮務委員は、各学科から各1名ずつ選出された主事補佐が兼任しています。
寮務委員は、各学科の教室会議で学寮運営に関する報告をするとともに、各学科教員からの意見を寮務委員会に連絡する重要な役割を担っています。

 生活支援係は、本校学生課に所属する組織であり、生活支援係長および寄宿舎指導員は切正寮1号館事務室および男子寮・女子寮にて勤務しています。生活支援 係長は、学寮運営に係る経費や寮内施設の導入・維持管理・更新をはじめとし、寮生の皆さんの生活環境改善に関する重要な役割を担っています。

 

■ 学生スタッフ

【学生スタッフ】

1年生男子指導生(8名)

2年生男子指導生(8名)

男子寮生役員(6名)

女子寮生役員(12名)

 教職員だけでは、400名を超える寮生の多岐に亘るきめ細かい指導を行うことは困難です。そこで、切正寮では寮生の中から寮内選挙によって選ばれた寮生役 員(4,5年生)および、校長にその任を委嘱された指導生(3~5年生)が、寮生活および寮生指導面のサポートをします。
 男子指導生は、1年生指導生長および2年生指導生長を筆頭に、低学年生における寮生活の最前線で、日々熱心に指導に取り組んでいます。彼ら指導生の居室 は、1年生および2年生と同じフロアにあり、生活を共にすることで、よりきめ細かい指導ができるようになっています。女子寮でも男子寮同様、女子寮長、指 導生長を筆頭に、女子寮生の生活指導のサポートをします。指導生は、単に寮規則に違反した寮生に注意したり怒ってくれるだけでなく、先輩として勉強を教え たり、悩みごとなどの相談を受けてくれる、お兄さん、お姉さん的存在なのです。そのような資質を持った寮生が指導生になります。
 3年生以上は自治寮により、男子寮役員(男子寮長、寮長代理、副寮長)によって運営されています。具体的には、設備の維持管理や休日点呼を自分たちで実 施するだけでなく、各号館内でのルールや約束事を自分たちで決めるのです。主事室や生活支援係は、彼らからの様々な提案に対してアドバイスします。